道楽者の住処 ミニカー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイヤペットSVシリーズ −日産−

<<   作成日時 : 2009/09/22 09:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

画像
画像

DIAPET SV NISSAN CARS 
しばらく,日本車ミニカーの紹介を続けたいと思います。国内に目を向けると,90年代前半はやはりダイヤペット。89(平成元)年には,乗用車モデルはGシリーズから塗装や細部の仕上げなどを向上させたSVシリーズへと移行させました。それに伴って価格も若干アップ,サイズも以前より大きめ?(この時期はバブルの影響で実車が大きかったからそう感じさせるのかも?)肉厚な感じがあまり好きではなかったのですが・・・。


画像
画像
画像

SV5 シルビアK's(黒),SV15 フェアレディ300ZX
SV16 スカイラインGT-R
 
シルビアはGシリーズから移行のモデルです。Gシリーズと並べてみたのですが,ホイールが白く塗られたり,ウィンカーがオレンジになったりなど,仕上げの違い分かりますか?ZやGT-Rのモデルと比べるとスマートで好感がもてます。
対する2台ですが,最初に書いたように,肉厚な感じがどうも・・・。Zは曲線主体のフォルムですからこうなっちゃうのかとも思いますが,GT-Rは全く鋭さが感じられません。


画像
画像

SV7 パオ,SV28 フィガロ 
パイクカー2台です。Be-1は残念ながら,ダイヤペットではモデル化されなかったんですよね。こういう車はZやGT-Rとは違い,SVの作風が似合いますよね。一昨年,京商が1/43をリリースしましたが,それまでのモデル化はダイヤペットだけでしたので非常に人気がありました。


画像
画像

SV29 セドリック・グランツーリスモ・アルティマ(ガンメタ)
SV31 グロリア・ブロアムVIP(白)


画像
画像

SV18 インフィニティQ45,SV32 シーマ
実は,今回撮影して見直したのがこの4台です。「でかくて,おもちゃおもちゃしていて」と,ずっと思っていたのですが・・・。写真にしてみたら,これがなかなか悪くない。雰囲気が出ていますよね。セドリック・アルティマのフロントグリルなんてカッコイイです。ただ残念なのがタイヤ。写真ではよく分からないかもしれませんが,横から見るとホイールが小さく,タイヤの面積が異常に大きいのです。この一点を直すだけで印象がだいぶ違ったと思うのですが。SVはハイグレードモデルのはずなのですから,もう少し気を遣って欲しかったですね。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ ミニカーコレクションへ
ミニカーコレクション

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Cheap adipex.
Adipex phentermine vs. Adipex. ...続きを見る
Adipex.
2009/10/27 19:23
Casino 1289764303
Casino 1289764303 ...続きを見る
Casino 1289764303
2010/11/15 05:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。トヨタ車編でもコメントさせていただいた者です。

「でかくて,おもちゃおもちゃしていて」と,ずっと思っていたのですが・・・。

↑凄くお気持ち分かります。僕は1/43の国産車メイン(京商jコレクション)でコレクションしていて、かつてのダイヤペットは所詮おもちゃだし・・・なんて思っていました。しかし、ふと立ち寄ったショップで定価より安い価格でシーマとセドリックが売られていて、程度も良かったので懐かしさついでに試しに買ってみたのです。
そこから当時の感動が甦り、20年振りにコレクションを始めました。なんというか、独特の雰囲気がありますよね。
偶然にも道楽者さんがコレクションし始めた平成元年に、僕もsvシリーズの存在を知り、趣旨は違うものの(親に買ってもらうという)集め始めました。
当時、シーマ・セドリック(グロリア)のパッケージから見えるフォルムがほぼ一緒でつまらないという印象から、前後が長くてボリュームのあるインフィニティQ45に決めた記憶があります。
働く車には一切目を向けず、svシリーズの白ベースの落ち着いたパッケージがズラリと並んだコーナーでドキドキしていた記憶もあります。
アガツマに変わった後に出たシーマやセルシオは確かに出来は上がりましたが、妙な手先作業な感じがしてイマイチ好きになりませんでした。
やはりこの大味な感じが良いですよね。
なんだか思い出話をダラダラ話してしまい申し訳ありませんが、ダイヤペットが乗用車から撤退してしまった今ではとても貴重なモデル達ですよね。
sv大好き
2009/10/06 12:15
sv大好きさん,またまたコメントありがとうございます。SVシリーズの頃って,海外ブランドの1/43のシャープでスマートな感じがすごく新鮮だった時期で,1/40のくせに異様にでかく,ぽってりした感じのダイヤペットは好きになれなかったのですが,こうして並べてみると,悪くないなと思いました。独特の雰囲気がいいですよね。特に今回,インフィニティQ45を初めとした日産車は再評価した次第です。
Jコレクションは確か2001年のスタートでしたか。2000円であのクオリティはすごいと思っていたのですが,少し値上がりしたかと思えば,今や3000円,元の1.5倍ですからねぇ。
なかなか国産1/43まで話が行き着かないのですが,エブロや京商の話なども書いていきたいと思います。またぜひお越しください。よろしくお願いします。
ヒデちゃん
2009/10/06 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダイヤペットSVシリーズ −日産− 道楽者の住処 ミニカー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる