道楽者の住処 ミニカー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイヤペットSVシリーズ −ホンダ−

<<   作成日時 : 2009/09/23 07:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

DIAPET SV HONDA CARS 
ダイヤペットSVシリーズ,第2回はホンダ・スポーツ4種です。


画像
画像

SV33 ビート 
このビートも1/43がなかなかリリースされなかったこともあり,SVシリーズの中でも人気のあるモデルでした。今回紹介している中では,唯一1/35スケールです。ダイヤペットが1/40という国際的には中途半端なスケールを採用したのは,発売当初の60年代国産車には小さな車が多かったため,輸入車の1/43モデルに対して,大きさで負けない,少しでも大きなモデルに,との理由からだそうです。で,軽自動車など小さな車は1/35が採用してあることが多く,Gシリーズの末期や,SVシリーズでも,ダイハツ・ミラ,スバル・レックス,スズキ・アルト,ミニなどが1/35でモデル化されています。個人的には小さくても同スケールで出してほしいと思うのですが,そういう歴史も無視できません。ドアの作り付けにやや難がありますが,悪いモデルではありません。


画像
画像
画像

SV20 プレリュードSi・4WS(3rd,銀),G-55(3rd,赤)
SV34 プレリュードSi-VTEC(4th,赤,銀)
 
プレリュードは,初代からこの4代目まで欠かさずモデル化されていますが,3代,4代と代を追うごとに大型化されているような気がして,あまり好きになれません。SV20はG55からの移行版で,ホイールの着色やサンルーフ,サイドのラインのボディ同色化などが見られます。雰囲気としてはまだGシリーズのほうがいいですね。手を加えるのなら,ウインカー部分に色をつけてほしかったところです。SV34は可もなし不可もなし,発売された92(平成4)年頃になると,SVシリーズ開始から3年を経過し,グレードアップしたはずの仕上げが,元のGシリーズ当時のレベルに戻っています。プレリュードには思い入れがあるだけに,つい厳しくなってしまいます。


画像
画像
画像

SV26 NSX,SV34 プレリュード
ホンダ党にとって憧れのNSXですが,SVシリーズに共通する肉厚なつくりで,ほかのモデルと並べて飾ると違和感はありません。この頃はこのモデルの出来とかよりも,同時期に購入していたROSSOの1/43組み立てキットをいかに仕上げるかとか,NSXのアクセサリーカタログに載っている何万円もするハンドメイド1/43が欲しいな(今なら買っているかも)とか,1/43モデルに気持ちが大きく傾いていました。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ ミニカーコレクションへ
ミニカーコレクション

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダイヤペットSVシリーズ −ホンダ− 道楽者の住処 ミニカー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる