道楽者の住処 ミニカー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ボックスモデルのフェラーリ 後編

<<   作成日時 : 2009/12/19 05:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

画像

BOX MODEL FERRARI MODELS 
フェラーリの後編はレース用に開発された250GT,TDFとGTOです。以前にも紹介したモデルですが,今回はストラダーレも合わせ,じっくりご覧ください。


画像
画像
画像
画像

フェラーリ 250GT ベルリネッタ TDF 1956
 プロトタイプ 8405 赤,ストラダーレ 8406 銀
 
56(昭和31)年に登場した250GTのコンペティションモデル。フランスでのレース,"ツール・ド・フランス"での活躍から"T.D.F."と呼ばれるようになったそうです。ボディのデザインはピニンファリーナです。
赤のプロトタイプと銀のストラダーレですが,外観に大きな違いはないようです。89(平成元)年12月の入手でしたが,この時は,一連のボックスモデル製品が多数入荷したようで,一昨日のコブラや昨日の275GTB/4,下の57(昭和32)年式TDFなど,未所有のボックスモデル製モデルをまとめて購入しています。価格はいずれも3,300円でした。


画像
画像
画像
画像

フェラーリ 250GT ベルリネッタ TDF 1957
 プロトタイプ 8424 赤,ストラダーレ 8425 青銀
フェラーリ 250GTO プロトタイプ 1962 8401 赤
 
ボディに大幅な変更が加えられた57年式のTDF。フロントマスクも変更されて,56年式と比べると印象がだいぶ違います。一般的にはこちらの方がTDFとして認知度が高いのではないでしょうか。ストラダーレには,プロトタイプにはないバンパーが付けられていますね。
GTOは250GTB・SWBをベースにホモロゲートされたモデル。個人的には一番美しいフェラーリだと思っているので,ショップやネットで新しいモデルを見かけると,ついつい手を出してしまいます。いろいろなブランドからリリースされていますが,このボックスモデル製と,同じ金型を使用したバン製はお気に入りのモデルです。こちらは89年9月の入手ですが,価格はやはり3,300円でした。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ ミニカーコレクションへ
ミニカーコレクション

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
’90年代のコーギー製1/43 欧州車前編
CORGI EUROPEAN CAR MODELS  生産拠点を,英国本国から中国へと移した90(平成2)年以降,コーギーは英国車以外のヴィンテージカーのリリースも目立つようになりました。 本日の5台,91(平成3)年1月,リリース時にまとめて購入したもので,車同士の繋がりは薄いのですが,一応欧州車という共通点で括りました。90(平成2)年,91年のこの時期にリリースされた"MADE IN CHINA"は,価格が2,800円に設定されていました。 ...続きを見る
道楽者の住処 ミニカー部屋
2009/12/23 08:45
フェラーリ 250GT LWB ツール・ド・フランス 1957
フェラーリ 250GT LWB ツール・ド・フランス 1957 ( Ferrari 250 GT LWB Tour de France 1957 ) イタリアの名門、フェラーリの1950年〜1960代を代表する名シリーズ、250シリーズの、250GT LWB ツール・ド・フランス です。 フェラーリ 250シリーズは、1953年から1964年にかけて生産されました。 大きく、レーシングモデルとロードカーモデルがあり、共に初期のフェラーリで大成功を収めたシリーズです。 様々な派生モデルが存在します... ...続きを見る
CAR DE SiGN
2015/07/12 14:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんんちは!
57年TDF好きなんですよ〜。
全体的な雰囲気はエレガントで品がありながらもフロントに目線を移すと実に戦闘的で精悍な顔つきなんですよ〜。
鼻も長いですしね♪

PSやっぱり穴ですね〜(嬉)
azusousi
2009/12/19 12:57
azusousiさん,こんにちは!

本当にこのころのスポーツカー,レーシングカーって美しいですよねぇ。
現代のモンスターマシンのような,ひたすら速さを追求したフォルムに魅力を見出すのも一つの価値観だとは思いますが,自分には,速さを求めつつも優美さを併せ持つ50年代,60年代のマシンの方が魅力的です。

ところでマフラーの穴,自分もすごく気になってきました(笑)。
せっかくマフラーを付けたら,ちょっとした凹みだけでもいいから,なにがしか穴を表現して欲しいですねぇ。
ヒデちゃん
2009/12/19 15:08
賛成っ!
美しい。
下世話な「差別化」なんか じゃなくって
速い ことが 純粋に 夢 だったように
思う−とは 言いすぎでしょうかね…。
AZ
2009/12/20 04:55
AZさん,おはようございます!

昔も今も純粋に速さを追い求めてのデザインだとしたら,より合理的な今より合理性で劣る昔の方が美しい,どこかに"無駄"がある方がいいのかなって思いました。
ヒデちゃん
2009/12/20 07:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボックスモデルのフェラーリ 後編 道楽者の住処 ミニカー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる