道楽者の住処 ミニカー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイヤペットの世界 スバル編1

<<   作成日時 : 2010/03/13 04:33   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 8

画像

DIAPET SUBARU 
週末のダイヤペット,今週はスバル編です。
通産省が55(昭和30)年に発表した国民車構想に基づいて開発されたスバル360をはじめとした,50年代か60年代の4台のスバルをご覧ください。


画像
画像
画像
画像

スバル 360 NO.185-01710 イケダ特注 ベージュ
スバル R2 195 緑
 
スバル360は,富士重工業が国民車構想を軽自動車の中で実現させた車です。前身が中島飛行機であるだけに随所に航空機の技術も見られます。58(昭和33)年の発売と同時に大ヒットとなり,改良を重ねながら70(昭和45)年まで生産が続けられました。大きさと容貌から,VWビートルに対して,"てんとう虫"の愛称が付けられました。ちなみに,まだ自分が小さかった頃の,我が家最初のマイカーでもあります。
ミニカーは,富士重工の依頼で製作された初期型のアンチモニー製塊ミニカーに彩色したもの。ダイヤペットのレギュラーモデルにはスバル360はラインナップされていません。89(平成元)購入で,価格は4,000円でした。
その360の後継車に当たるのがスバルR2,69(昭和44)年8月に登場しました。70年前後にはホンダN360はじめ,多くのライバル車の攻勢にあい,先代360のような大ヒットとはなりませんでした。ミニカーの方,発売は70年7月で,当時の価格は550円でした。


画像
画像
画像
画像
画像

スバル 1000 148 クリーム
スバル ff-1 191 青
 
スバル360のヒットに続き,富士重工が初めて市販した小型車がスバル1000です。発売は66(昭和41)年5月,当時としては珍しい前輪駆動をはじめ四輪独立懸架サスなど,先進のメカニズムを満載した高性能サルーンでした。
69年2月のマイナーチェンジにより,エンジンも1100ccに拡大されたスバルff−1へと進化を遂げました。我が家でも,スバル360のあと,スバル1000,ff−1,レオーネと,3台のスバル小型車を乗り継いでいます。
ミニカーの方は,スバル1000が66年10月発売,ff−1が69年10月発売で,当時の価格はいずれも430円でした。
ダイヤペットとしては,スバル1000がスバル車初のモデル化。実車がFFなのに対し,底板はFRにモールドしてしまい,その後急遽FFに変更して売り出したため,底板にバリエーションがあります。自分の所有するモデルはFRの初期型のようです。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エブロ1/43コレクション スバル 360
EBBRO SUBARU 360 エブロ製の1/43,本日は58(昭和33)年に登場し360cc軽自動車の先駆けとなったスバル360です。 みなから愛され,現行車当時から様々なスケールや材質でモデル化されているスバルですが,1/43のダイキャスト製精密モデルとしては,エブロ製が最初のモデルということになります。 ...続きを見る
道楽者の住処 ミニカー部屋
2010/09/27 08:41
京商マスターズコレクション マツダ R360クーペ,キャロル,スバルR2
KYOSHO MASTERS COLLECTION  MAZDA R360 COUPE,CAROL,SUBARU R-2  現行車をモデル化したポリストーンギャラリーでしたが,リリースは僅か4台だけに終わり,半年後,製作手法はそのままに新たなシリーズへと生まれ変わりました。それが"マスターズコレクション"です。名称だけでなく,内容も旧車中心のラインナップへとリニューアルされました。 ...続きを見る
道楽者の住処 ミニカー部屋
2010/11/03 06:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
上記2車種、下記2車種ともにそれぞれ味がありますね〜♪
上記R2と360はなんとも言えない牧歌的な感じで実物同様に可愛らしいですよね。
対して下記2車種は質感たっぷりで重厚なつくりですが、意外なのは全く違う感じのつくりのミニカーなのにほぼ同じ金額なんですね。
(あるいは120円の差って当時にしては大きかったののかなぁ・・・)
azusousi
2010/03/13 05:04
azusousiさん、おはようございます!
価格、そうですよね。
自分が驚くのは、ダイキャスト製のR2と、アンチモニー製の2台とが、あまり変わらない金額、って言うかアンチモニー製の方が安いんですよね。
大量生産に対応するために、アンチからダイキャストへ移行する段階で、設備投資などでコストがかかったりしたんでしょうかねぇ。
それとも高度成長の真っ只中で、給料も上がったけど、物価も上昇していたとか。
このころの難しい話は、子どもだったのでよく分かりません(笑)。
ヒデちゃん
2010/03/13 09:01
こんにちは。360懐かしいです。大学の先生が昭和と平成の境目くらいにまだ乗っていました…。
KADOTA
2010/03/13 10:57
KADOTAさん,こんにちは。

20年前ですか。
その先生は今どうされているのでしょうね。

スバル360は,子どもの頃,父の助手席によく乗せられていたのですが,一昨年,自分でハンドルを握る機会をいただきまして,試乗してみたところ,思った以上に馬力があってビックリしましたよ。
ヒデちゃん
2010/03/13 11:12
アイボリーの360 すっごい
感じ 出てますねぇ…
リアのスリット ヘッドライトまわり…
いいなぁ…。

方や 1000&ff-1 66年(!)ですかぁ!
コレは 当時のオトナを 痺れさせた
のでしょうねぇ…。
凄い 存在感 です!
AZ
2010/03/13 16:30
AZさん,こんにちは!

はい!こちらもやる気満々ですよ(笑)。
早速,博覧会のリンクを真似させていただきました(爆)。

塊ミニカーのスバル360が意外な人気ですねぇ。
ほんわかとした仕上げ方が,360のフォルムに合っているのかな?
スバル1000とff−1は子どもの頃乗せられていたので,これはどうしてもと思い,無理して入手したのですが,いい味出てるでしょう。
でも,エブロや国産名車でもう少し早く出してくれていれば,そんなに無理しなかったんですけどねぇ(笑)。
ヒデちゃん
2010/03/13 16:49
やったぁ!
−静かな 流行 到来かっ?!
AZ
2010/03/13 21:03
AZさん,どうもです。

フリースペースの空きがなかったので,リンク集の下に付け足したら,頭が揃わなくって・・・。
リンクはリンクだから,リンク集の中の項目の一つと考えることにして,妥協しました。

この直リンク,自分が使うのに結構便利かも。
ぜひ流行らせましょう(笑)。
ヒデちゃん
2010/03/13 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダイヤペットの世界 スバル編1 道楽者の住処 ミニカー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる