道楽者の住処 ミニカー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイヤペットの世界 ホンダ編4 プレリュード2

<<   作成日時 : 2010/03/28 07:33   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
 
DIAPET HONDA PRELUDE 
ダイヤペットの世界,ホンダ・プレリュード,後半は3代目,4代目をご覧いただきましょう。


画像
画像
画像
画像
画像

ホンダ プレリュード 2.0Si G-55(01736) 赤,白,SV20 銀 
前作の大ヒットを受け,87(昭和62)年にデビューしたのが3代目プレリュード。キープ・コンセプトの美しいフォルムはさらに洗練され,FFとしては限界とも思える低く抑えたフロントノーズは,フェラーリと見まがうとまで賞賛されました。また,世界初の4WSの採用をはじめ,歴代のプレリュード同様,ホンダの持つ最新技術が盛り込まれました。
足かけ7年に渡りスペシャリティカーのトップを走り続けたプレリュードですが,3代目のデビューの翌年,その座をこの年登場したシルビアに奪われました。時代が変化を求めていたのでしょうね。
さて,ダイヤペット製の3代目,確かにプレリュードのカタチをしているのですが,不満点の多いモデルでもあります。
最大の欠点は車高が高くスマートなフォルムをしっかりと表現できていないことです。単体ではあまり感じませんが,2代目と比較すると一目瞭然。入手した日に,箱から出して2代目の脇に並べた時のガッカリ感は今も忘れません。
細かい点では,フロント周りの仕上げにもう一工夫というところです。バンパー下部のブラックアウト処理,これはダイヤペットですから仕方ありませんが,せめてウインカーレンズには,オレンジのクリアパーツをはめ込んで欲しかった。これによりワイド&ローのフォルムが引き立ち,車高が高い欠点もカバーできたと思うのですが。
その後に登場したSVシリーズは,欠点が修正されるどころか,プレリュードのアイデンティティとも言えるサンルーフがボディ同色に塗り込められ,またサイドを引き締めてたはずの黒いプロテクトモールも消されてしまうなどさんざんのデキ。入手は迷いましたが,記録用にと1台だけ渋々購入しました。
G-55が88(昭和62)年5月発売で価格1,200円,SV20は91(平成3)年2月発売で価格1,400円でした。


画像
画像
画像
画像

ホンダ プレリュード Si-VTEC SV34 赤,銀
端正なノッチバック・クーペから一変,山猫のようなフォルムのアグレッシブなファストバック・クーペに変身を遂げた4代目は,91(平成3)9月のデビューです。その大胆なモデルチェンジは賛否の分かれるところですが,個人的には否。やはりプレリュードは優美でなければ。打倒シルビアを目標に掲げ,キープ・コンセプトとは行けなかった事情は察するに余りありますが。
実車に対する思いが薄い分,ミニカーに対してもあまり思い入れはありません。それでも2台購入してしまうところは,やはりプレリュード好きの性なのでしょう(笑)。ミニカーの方は92(平成4)年6月発売,価格は1,600円でした。

最後のプレリュードである5代目は,ダイヤペットからもモデル化されませんでした。当時のダイヤペットはRVのミニカーが主体。時代の変化にダイヤペットも追従したわけです。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
昨日に引き続きプレリュードLOVEですね。

なるほど画像判断のみですが言われてみると多少メタボっぽいような気もしますけど・・どーなんでしょうね。
まぁたしかにプレリュードに限らずフォルムはミニカーの必須条件ですものね。

自分的にはダイヤペットのプレリュード、羨ましいですヨ♪
azusousi
2010/03/28 10:40
azusousiさん,こんばんは!

"メタボのプレリュード",言い得て妙かも(笑)。
ちょっとだけう〜んな感じがぴったりです。
ほかの車種なら及第点かもしれないんですけどね。
自分はとにかく並べないと気が済まないたちなので,メタボなコイツよりスマートな先代と隣同士に並べるのが許せなかったわけです。
ダイヤペットにはミニカーを製作する協力工場(いわゆる下請けです)がいくつかあって,工場が変わると作風も違うらしいのです。
同じ工場の作で,先代もメタボだったら,そんなに違和感なかったかもしれないですけどね(爆)。
ヒデちゃん
2010/03/28 19:43
こんばんは。
4代目の赤いプレリュードを見て、昔を思い出しました。
福島に住んでいた事があって、そこで仲良くなった女の子が、乗ってたんですよね〜。
しかもマニュアル。
非常に好みの子だったんですが、残念ながら彼氏がいまして…。今頃はお母さんでしょうけど。
一度ドライブに行きまして、運転させてもらったんですが、乗りやすいクルマでしたね。
懐かしい思い出です。
70sとむ
2010/03/30 02:15
70sとむさん,おはようございます!

真っ赤なマニュアルのプレリュードを駆る女の子,絵になりますね〜!
4代目には縁がありませんでしたけど,自分のプレリュードは全部オートマ(汗),3代目の時には,4WSが珍しがられましたよ。

あとは,色。
3代目の定番色は白か紺でしたが,ひねくれ者の自分はガンメタをチョイスしました。
当然ミニカーに同じ色などありませんから,フジミの1/24を買い,手塗りでガンメタに塗装して組み上げました。とほほなデキでしたけどね(笑)。
後にも先にも最後まで作り上げたプラモデルってこれしかありません。
ヒデちゃん
2010/03/30 08:16
 ヒデちゃんさま来たよ。
 やっぱり情熱の赤ですね
 真っ赤なプレリュード素晴らしい

 今日はそちらは雨ですか?
こっちは晴れでしたよ
 偏頭痛がまだ治らずです。
 では、また来ます。
さよちゅう
2010/04/02 22:14
さよちゅうさん,おはようございます!

3代目のスタイリングは,当時和製フェラーリなども評判でしたから,やっぱり赤が一番です!
でも,社会人になって数年経過していましたから,さすがに赤に乗るのはためらわれましたね(汗)。

昨日は嵐の一日でした。雨より風がひどかった。
今日は穏やかな休日になりそうです(嬉)。
ヒデちゃん
2010/04/03 09:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダイヤペットの世界 ホンダ編4 プレリュード2 道楽者の住処 ミニカー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる