道楽者の住処 ミニカー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ’90年代ビテスのイタリア車 フェラーリ

<<   作成日時 : 2010/03/29 09:16   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

VITEESE DINO 246GT,FERRARI 308GTB 
先日発売の最新号で休刊が発表された『ミニカーファン』には,90年代,ミニチャンプスブランドのデビューにより,子ども向けから大人向けにミニカーの流れが変わったという内容の記事が載せられていました。そのミニチャンプスとともに,90年代のミニカーの世界を牽引していたブランド,それがビテスではないかと思います。
21世紀に入り倒産したこともあってか,残念ながらミニチャンプスほどの評価を得られていないのが現状ですが,安価で良質なミニカーを提供していたビテス,質,量ともに決してミニチャンプスに優るとも劣らないものであったと考えます。
90年代のビテス,まずはフェラーリの4台。ディーノも308GTBも,以前別の企画で紹介したのですが,きちんとした形で改めてご覧いただこうと思います。


画像
画像
画像
画像
画像

ディーノ 246GT タイプL 1969 540.1 橙
ディーノ 246GT タイプM 1971 L076C 銀
 
ディーノ246は69(昭和44)のデビュー,フェラーリ初のミッドシップ・ロードカーである206GTの発展系にあたります。12気筒フェラーリと区別するため"フェラーリ"を冠さない,"跳ね馬"ももたないフェラーリ,代わりに夭折したエンツォの愛息アルフレッド・フェラーリの愛称"ディーノ"が車名となりました。
ビテスからはタイプL,タイプMの2種がモデル化されています。オレンジのタイプLは91(平成3)年のリリースで,価格が2,800円。その3年後,94(平成6)年にはリミッテッドエディションとしてタイプMが発売となりました。価格は3,000円。3年という期間におけるクオリティの向上は,画像をご覧いただければよく分かると思います。


画像
画像
画像
画像
画像

フェラーリ 308GTB 600.4 青銀
フェラーリ 308GTB US仕様 L058A 赤

ディーノ246GTの後継車として75(昭和50)年にデビューしたのがフェラーリ308GTBです。同じエンジンを搭載し,一足早く登場した2+2の308が"フェラーリ・ディーノ308GT4"と名付けられたのに対して,こちらは"ディーノ"の冠が外され,正式な"フェラーリ"として登場しました。
ビテス製の308GTBは1977年式,92(平成4)年にレギュラーモデルがリリースされ,次いで94年にはリミテッドエディションとして北米仕様車が登場しています。価格はいずれも3,000円でした。
そのほか,自分は未所有ですが,ラリー仕様の308GTBのバリエーションも数多くリリースされています。

ディーノ246GTはバン製との比較,フェラーリ308GTBはベストモデル製との比較も行っています。よろしければ,そちらもお楽しみください。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
ビテスのミニカーについては全く同感です。
中にはミニチャンプスより素晴らしい仕上がりのミニカーもあるんですけどネ。

ところでディーーノの3年差比較は面白いですね。
「あ〜ここが違う・・」などと間違い探しのようでいつの間にか引き込まれちゃいましたヨ(笑)
azusousi
2010/03/29 12:59
azusousiさん,こんにちは!

ビテスについてはazusousiさんも前々からおっしゃっておられましたよね。
少なくとも90年代のモデルに関しては,ミニチャンプスもビテスもそう差はないと思います。
結局はブランドイメージの差ということになるのでしょうけどね。

先週,先々週とミニチャンプスの記事を書きましたが,ブログ村のアウトポイントの数,普段とのあまりの違いに,思わず笑ってしまいました。
こりゃ,ミニチャンプス専門のブログにした方がいいのかと,本気で思っちゃいましたよ(爆)。
ヒデちゃん
2010/03/29 14:43
素直に カッコイイ!
ついつい ミニチャンプス を
基準に考えちゃいますけれど…
「ヒデス」綺麗ですね!

ミニカーファン,NAVI,京商秋葉…
寂しいデキゴトが 続きましたね。。
元気を出してゆこう!
AZ
2010/03/29 19:17
こんばんはです!

ディーノ、カッコいいですね〜!
フェラーリと聞くと、どうしても赤(もしくは黄色)を想像してしまいますが、なかなかどうしてこのシルバーもカッコよくて、見とれてしまいました♪

上のazusousiさんのコメントを見て、私も違いを一生懸命探してみました(笑)。
スラ彦
2010/03/29 22:40
AZさん,こんばんは!

ビテス,いいでしょう。
そのビテスは80年代から存在したブランドですけど,ミニチャンプス登場の前と後では,明らかにミニカーの質が変わっています。
ビテスの記事なんですけど,改めてミニチャンプスの偉大さを感じますね。

そのミニチャンプスによって盛り上がってきたミニカー界も,曲がり角に来た感じかな。
メーカーさんには,売らんがためのモデル濫造ではなくて,よりよいモデルづくりというものを,もう一度見つめ直してほしいものですね。
ヒデちゃん
2010/03/29 22:51
スラ彦さん,こんばんは!
画像を見ていただけば・・・,と書いておきながら,比べていただくには,もう少し大きな画像を用意すれば良かったですかね(汗)。
フェラーリというと自分もどうしても赤や黄色を選びがちですけど,青やシルバーなども結構イケるんですよね。
フォルムの美しいクルマって,どんな色でも似合っちゃうのかもしれないですね。
ヒデちゃん
2010/03/29 23:07
ワタシはこの世でディーノが
最も美しい車だと思っています。
とおちゃん
2010/04/01 03:48
とおちゃんさん,おはようございます!

美しさにかけては,いわゆるスーパーカーの中でも,ディーノとミウラが双璧だと思います。
ディーノ,自分も大好きです!
ヒデちゃん
2010/04/01 08:19
 こんにちはヒデちゃんさま。
 ディーノ246ですか?
なんてかっちょいいのかしら
 どのラインから眺めてもかっちょいいですわ

 ヒデちゃんさまは今日は仕事はお休みなの?
わたしには休みがないんだぁーー。
 今日はポカポカだから眠いです。
 じぁーまた明日伺います
さよちゅう
2010/04/03 13:34
さよちゅうさん,こんにちは!

ディーノ246GT,美しいでしょう。
赤があればさらによかったのですが,残念ながら,このミニカーブランドのものは持っていないのです(汗)。ごめんなさいね。

さよちゅうさん,お休みないの?お気の毒です。
今日は,朝考えたほどいい天気にはなりませんでしたけど,今親類の結婚式から帰ってきたところ。
ほろ酔い加減でいい気分で〜す。
ヒデちゃん
2010/04/03 17:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
’90年代ビテスのイタリア車 フェラーリ 道楽者の住処 ミニカー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる