道楽者の住処 ミニカー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイヤペットの世界 トヨタ編1 クラウン1

<<   作成日時 : 2010/04/24 05:51   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 3

画像

DIAPET TOYOPET CROWN 
3週間ぶりの"ダイヤペットの世界"です。ダイヤペットの国産車も,トヨタ車と日産車を残すのみとなりましたが,実はここからが長い。トヨタ,日産両社のクルマだけで,ダイヤペット製国産車の6割から7割を占めているからです。
今のペースで週末にご紹介を続けていくと完結は半年近く先になりますが(そこまでブログが保つのかという心配もあり!?),どうぞお付き合いください。
トヨタ車の第一弾はクラウン!クラウンは,ダイヤペットが発足してから90年代に1/40での乗用車のモデル化がRVに特化するまで,2代目に始まり9代目(9代目はマジェスタ)まで欠かさずモデル化されてきた車種,ダイヤペットにとっては,スカイラインとともに,なくてはならない車と言えるでしょう。
第1回目,まずは,2代目と3代目からご覧いただきます。


画像
画像
画像
画像
画像

トヨペット クラウン デラックス 143 青 
ダイヤペットが発足した65(昭和40)年当時,現行車として活躍していたのがこの2代目です。大盛屋からチェリカフェニックス・シリーズの金型を引き継いだダイヤペットは,65年8月,品番121として,チェリカフェニックスPHE-26,64年型を生産。しかしながら製品発売後4ヶ月で実車がマイナーチェンジを行ってしまったため,金型を変更し,66年1月には後期型を発売することになりました。
このような事情から,短命に終わった121は非常に入手が困難なモデルとなっており,多分通常のアンチモニー製ダイヤペットよりも一桁0の数が多い価格で取引されているのではないでしょうか。
で,こちらが通常のアンチモニー製である143です。程度は"箱なし美品",メッキ部分にはくすみがありますが,ボディはチップ一つなく,塗装も艶があり新品に近い状態に保たれていました。2005(平成17),仕事で東京に出向いた折り,上京すると必ず出向くショップで遭遇し,衝動買いしました。
2代目クラウン,実は子どもの頃に最初に好きになったクルマだったので,機会があれば手に入れたいとずっと思っていたのです。入手価格は・・・ナイショ(笑),所有するミニカーの中では2番目に高額な価格とだけ言っておきます。店員さんの話では,箱付完品ならばプラス3万円だとか。
ちなみに発売当時の価格は,121が380円,143が400円だったそうです。


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

トヨペット クラウン スーパーデラックス 170 銀
トヨペット クラウン ハードトップ 188 金

3代目のデビューは67(昭和42)年9月。法人ユース・メインから個人オーナー・ユースを重視したラインナップを形成し,スポーティ・イメージを高めた2ドア・ハードトップも登場し(68年10月),クラウンはスペシャリティーとしての顔も併せ持つことになりました。
ダイヤペット製クラウンとの出会いはこの3代目から。セダンとハードトップ,当時もののミニカーはスクラップ仕様となり,今も押し入れの隅に眠っています。2代目はアンチモニー製ですが,こちらはダイキャスト製,セダンもハードトップもスマートなフォルムをうまくまとめており,ハードトップは三角窓まで再現されました。
170のセダンが68(昭和43)年11月発売で当時価格580円,188のハードトップが70(昭和45)年6月発売で当時価格600円でした。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エブロ1/43コレクション トヨペット クラウン
EBBRO TOYOPET CROWN  先日はアンチモニー製をご覧いただきましたが,エブロも,初代と2代目のトヨペット・クラウンをモデル化しています。 本日は,8月新たにリリースされた初代の後期型モデルも交え,エブロ製のクラウンをご紹介します。アンチモニー製とダイキャスト製,先日の記事と比較していただき,味わいの違いなども感じていただけると嬉しいです。 ...続きを見る
道楽者の住処 ミニカー部屋
2010/09/30 05:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
ダイヤペット♪
実は道楽者の住処 ミニカー部屋で一番楽しみにしているのがダイヤペットです。

青のクラウンいいですね〜。
ダイキャストでは味わえない金属質な感じがいかにも自動車っぽくてなんとも言えませんね〜。

お値段気になりますが、
夢を大事にあえて聞かないことにいたします(笑)
azusousi
2010/04/24 13:03
azusousiさん,こんにちは!

しばらく日本車が続いたので,ダイヤペットはお休みしていたのですが,3週間ぶりの復活です。
楽しみしてくださって,ありがとうございます(嬉)。
俄然やる気になります!

アンチモニー製のクラウンですが,箱付きでも桁が変わるまではいかないんですけど・・・。
それでも,この金額は絶対家族には言えません(爆)。
ヒデちゃん
2010/04/24 13:20
2代目クラウンはこの前のCMでキムタクが織田信長に扮しビートたけしが豊臣秀吉に扮した場面がありました。
その時にキムタクがハンドルを握った車が2代目クラウンでした。(ちなみにキムタクのものまねはホリで、ビートたけしのものまねは松村邦広でものまねCMやれますね)
3代目はどのメーカーも前期型のみでしたが、来年の二月、三月にはTLVで3代目の後期型が出ますね。
akkin2
2011/12/20 16:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダイヤペットの世界 トヨタ編1 クラウン1 道楽者の住処 ミニカー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる