道楽者の住処 ミニカー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイヤペットの世界 トヨタ編2 クラウン2

<<   作成日時 : 2010/04/25 06:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

画像

DIAPET TOYOTA CROWN 
クラウンの第2回は,4代目と5代目をご覧いただきましょう。4代目からクラウンの正式名称は,それまでの"トヨペット クラウン"から"トヨタ クラウン"へと改称されています。


画像
画像
画像
画像
画像
画像

トヨタ クラウン スーパーサルーン 263 金
トヨタ クラウン ハードトップ 247 オリーブ
 
4代目の登場は71(昭和46)年2月,スピンドル・シェイプと呼ばれる丸みを帯びたスタイルから"クジラ"の愛称で呼ばれています。しかしながら,時代を先取りしたこのスタイルは受け入れられず,同時期にモデルチェンジをうけたセドリック/グロリアに販売台数で逆転されるなど,クラウン史上唯一にして最大の失敗作と言われています。
ミニカーの方は,72(昭和47)年1月,セダンに先行してハードトップが発売されました。このモデルではダイヤペットとしては初めてフェンダーミラーが取り付けられましたが,子どもが遊んでいるとすぐに壊れてしまうということで,次の企画から再びミラーがつけられることはありませんでした。ミラーもボディに比してかなり大きめ,バランスが悪くなっています。自分の所有するモデルは,前の所有者が細かい部分を彩色するなど,少々手を加えているようです。
セダンのスーパーサルーンは,ハードトップに一月遅れて2月に発売されました。画像のモデルは前期型ですが,同品番で,バンパーがクロムメッキの後期型も存在するようです。
なお,このほかにバンも発売(250 71年11月)されているのですが,残念ながらそちらは未所有です(正確には子どもの頃買ってもらった,当時もののスクラップ仕様を所有しています 笑)。価格はセダン,ハードトップ,バンいずれも550円でした。


画像
画像
画像
画像
画像
画像

トヨタ クラウン ロイヤルサルーン G-17(01347) 茶
トヨタ クラウン バン G-18(01355) 青
 
4代目クジラ・クラウンが失敗作の評価を受けたため,3年8ヶ月という短いサイクルでフルモデルチェンジを受け,5代目クラウンは74(昭和49)年10月に登場しました。前作の苦い経験から冒険を避け,直線基調で重厚感を強調したオーソドックスなスタイリングに改められました。
ミニカーの方は,セダンとバンの2種が製作されましたが,この世代から登場したピラードハードトップは採用されませんでした。セダンは重厚さがよく出ておりまずまずのつくりですが,バンはリアのコンビネーションランプがボディと同色に塗られてしまうなど,雑な仕上げと言ってよいでしょう。個体差かどうかは分かりませんが,本来開くはずのリアハッチが,ボディとのフィッティングが悪く,所有するモデルでは開くことができませんでした。
セダンが75(昭和50)年8月,バンが同年12月の発売で,当時価格はいずれも800円でした。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
クジラ・・・好きです。
にしてもハードトップのミニカーって珍しいのではないでしょうか。(しかもフェンダーミラー付き)
個人的には昨日の2代目(青)よりもナマ唾ものです。
それと・・・バンも意外と好みです。
フィッティングが悪いとのことですが、そんなこともあるんですね。
いや〜目の保養できましたぁ〜♪


azusousi
2010/04/25 10:46
復活 ダイヤペット−。
今週は クラウン。
日本車の歴史には
なくては ならない存在 ですねぇ。

ダイヤペットで 改めて眺めると…
不思議 その時代 時代の
高級車 の イメージ そのもの
なんですねぇ…。
トヨタの作りが上手いのか…?
クラウンが たくさん走ってたからか…?

もうこの時代は
ダイキャスト製なのですねぇ…。

“スクラップ仕様”−。
いつか の 登場 を 期待しています!

AZ
2010/04/25 19:56
azusousiさん,こんばんは!

クジラ,自分も好きなんですよ。
だから個人的にはひとつも失敗作だなんて思っていないのですが。
昔のダイヤペットのパトカーって,赤色灯が妙にでかいのですが,このでかいフェンダーミラーもそれに共通しているのかなぁ。
画期的なんですけど,子どもが遊べばすぐ壊れるだろうし,小さな子などのケガの原因なんかになるかもしれませんね。

バン,ボディカラーだけは気に入ってます(笑)。
ヒデちゃん
2010/04/25 19:59
AZさん,こんばんは!

"いつかはクラウン",みんなの憧れの高級車でしたよね。
アンチモニー製のダイヤペット,本当の初期に数十種製作された程度で,大部分はダイキャスト製なんですよね。
アンチモニー製の重厚さも素晴らしいですが,ちょっとオモチャっぽいダイキャスト製のダイヤペットは幼い頃から親しんでいますから,かけがえのないミニカーです!

スクラップ仕様,押し入れから発掘できたら番外編に登場させますね!
ヒデちゃん
2010/04/25 20:07
実車のクジラクラウンは人気がなかったのですが、ミニカーのクラウンは人気があったのですね。
特にダイヤペットでは前期と後期のモデルがあってバリエーションも多彩でしたね。
セダンは乗用車、パトカー、タクシー。
バンは乗用車、パトカー、駐車違反検挙車、ガスサービスカー、救急車、キャンピングトレーラー付き。
akkin2
2011/12/20 16:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダイヤペットの世界 トヨタ編2 クラウン2 道楽者の住処 ミニカー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる