道楽者の住処 ミニカー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイヤペットの世界 トヨタ編13 セリカ,カリーナ

<<   作成日時 : 2010/06/12 06:53   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

画像

DIAPET CELICA,CARINA 
ダイヤペットの世界トヨタ編,今週はセリカとカリーナをお送りしましょう。70(昭和45)年12月,フロアユニットを共有する兄弟車としてデビューした両車。国産初のスペシャルティーカーのセリカと,都会的センスを醸し出すファミリーセダンのカリーナ,新しい時代の幕開けを予感させる2台でした。


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

トヨタ セリカ 1600ST 244 紫 
トヨタ セリカ LB 2000GT G-13(01225) 青
 
フォード・マスタングのヒットに倣い,国産初のスペシャリティーカーとして登場したセリカ。ロングノーズ・ショートデッキのスマートな2ドアクーペは"ダルマ"の愛称で親しまれました。73(昭和48)年4月には,テールゲートを有するファストバック・スタイルのリフトバック(LB)がデビュー,兄弟車のカリーナとともに,足かけ7年というトヨタとしては異例のライフサイクルの長い人気車となりました。
ダイヤペットからは,クーペとLB,両車ともにモデル化されています。クーペは71(昭和46)年9月の発売で価格は550円,1.6リッターツインカムの1600GTではなく,シリーズ中最も豪華な装備の1600STがモデル化されています。1600GTは,プラボディのABSシリーズから"A-12"の品番で一足早く8月に発売されていることもあり,ダイキャストモデルの方はSTがチョイスされたのでしょう(A-12は未所有)。
LBの方は最上級グレードの2000GTがモデル化されました。こちらは75(昭和50)年3月の発売,価格は800円でした。


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

トヨタ カリーナ ハードトップ 2000GT G-20(01384) 銀
トヨタ カリーナ ハードトップ 1600SR G-18(01435) 赤

カローラとコロナの中間的なポジションのセダンとしてデビューしたカリーナでしたが,1.6リッター・ツインカムを搭載したGTの追加や2ドアハードトップの設定などを経て,単なるファミリーセダンから,走りを強調するスポーティーなモデルへとシフトします。"足のいいやつ"というキャッチコピーも印象的でしたね。
ダイヤペットからは初代と77(昭和52)年8月に登場した2代目,いずれも2ドアハードトップがモデル化されました。
初代は74年1月に登場した2000GTがモデル化されました。76年6月の発売でしたが,翌年には実車がモデルチェンジすることから,短命なモデルであったのではないかと思います。価格は800円でした。
2代目は,実車の登場から約1年後78年6月に発売されました。そのブームにより,国産車よりスーパーカーのミニカーのリリースが目立った時期の1台,価格は850円でした。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エブロ1/43コレクション トヨタ セリカ
EBRRO TOYOTA CELICA  エブロの1/43,本日はスペシャリティカーの元祖,初代トヨタ・セリカをご覧いただきましょう。 こちらも,現行車当時のダイヤペットをはじめ,多くのブランドがリリースしている人気車ですが,やはりエブロ製が決定版ということになるのではないでしょうか。 ...続きを見る
道楽者の住処 ミニカー部屋
2010/09/28 12:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようです。
来ましたね〜、足のいいやつ。
カリーナって、マイナーな感じが好きなんですよね。
以前から、コロナやマークUは…、とお話してますが、カリーナはいいんです。
親戚が乗っていたのもあるかなぁ。

一般道でもよくチャイムを鳴らしてましたね(笑)。

よく捕まらなかったと思います。
70sとむ
2010/06/12 07:55
とむさん,おはようございます!

カリーナ,確かに地味ですね。
初代セダンはそれが理由で,ダイヤペットでは8割方金型ができていながらお蔵入りになったそうです(笑)。
確かにセダンはコロナの陰に隠れ,ハードトップはセリカの陰に隠れ・・・,いいクルマだと思いますけどねぇ。
このダイヤペット,エンブレムはじめ彫りが深くて凹凸がはっきりしており,2台ともなかなかいいデキですよ!
ヒデちゃん
2010/06/12 08:55
 ヒデさま、まだ起きてるかしら?
おはようございます。
 新しい時代の幕開けのセリカ・カリーナですか?
わたしは都会的センスを感じないけれどもww
キャッチコピーも知らないぞぉーー。
 追伸(わたしはテレビはほとんど見ないよ
    仕事の関係でテレビの放送時間はまだ
    働いているわ
    ヒデさま寝不足に注意あれですよ)

さよちゅう
2010/06/14 00:28
寝てました(笑)。
さよちゅうさん,おはようございます!

"新しい時代"と言っても40年前のお話ですから・・・(汗)。
でも,物心ついたときからクルマが好きだった自分には,このセリカやカリーナ,それから同じ頃に登場したフェアレディZは,新しくてカッコイイ,未来のクルマのように見えたんですよ。

忠告ありがとう,寝不足にならないよう気をつけます!
ヒデちゃん
2010/06/14 09:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダイヤペットの世界 トヨタ編13 セリカ,カリーナ 道楽者の住処 ミニカー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる