道楽者の住処 ミニカー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイヤペットの世界 トヨタ編15 セリカXX,スープラ

<<   作成日時 : 2010/06/19 06:20   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

DIAPET TOYOTA CELICA XX,SUPRA 
週末のダイヤペット,今週はセリカXXとスープラ,ソアラをご覧いただきましょう。まずは対フェアレディZ用に開発されたセリカXXとスープラからどうぞ。


画像
画像
画像
画像

トヨタ セリカ XX 2800GT G-5(01595) グレー 
セリカXXのデビューは78(昭和53)年4月,2代目セリカのLBをロングノーズ化し,クラウンなどと共通の直6エンジンを搭載して登場しました。ダイヤペットからは大きめの1/30でモデル化されていますが(G-100,未所有),残念ながら標準スケールの1/40の発売はありません。1/40がリリースされるのは,81(昭和56)7月に登場するこの2代目からとなります。
2代目XXはベースとなったセリカ同様,曲線的なスタイルの先代のイメージを一新,ウェッジシェイプの直線的なフォルムにリトラクタブル・ライトを採用し,人気を得ました。また,エンジンもソアラから流用したDOHC6気筒2.8リッターに,2リッターのターボや,DOHC24バルブの"ツインカム24"を搭載した2000GTが追加され,走りの面でも魅力溢れるGTに仕上げられました。
ダイヤペットのXXは,トップグレードの2800GTをモデル化しています。ダイヤペットとしては珍しく,リアハッチを別塗装するなどして,よい雰囲気のモデルに仕上げています。リリースは82(昭和57)年3月,価格は1,000円でした。


画像
画像
画像
画像
画像
画像

トヨタ スープラ 3.0GT ターボ G-50(01713) 赤,SV21 白
2代目XXを跡を継ぐモデルは,86(昭和61)年2月の登場です。前年のモデルチェンジの際にFF化したセリカと決別し,ソアラと共通のランニングギアの上に独自の3ドアハッチバック・ボディを架装したFRクーペ,"スープラ"へと生まれ変わりました。
ちなみに"スープラ"はセリカXXの北米仕様に使われていた車名。初代XXがデビューした当時のアメリカでは,"Xの列記"が映画の成人指定度合いを示すため,"Xの列記"を避け命名されたというエピソードはよく知られるところです。
ダイヤペットがモデル化したのは,こちらもトップグレードの3.0GTターボ,実車の登場から7ヶ月後の9月にリリースされました。価格は1,200円,少々大柄で厚手の感はありますが,実車の特徴をよく捉えカッコよく仕上げられました。その後91(平成3)年3月にはSVシリーズからも発売されています(価格1,400円)。


画像
画像
画像
画像

トヨタ スープラ RZ SV39 赤
スープラとしては2代目,初代XXから数えての4代目モデル,現在までに世に出た最後のスープラは93(平成5)年5月にデビューしました。迫力あるボディに搭載する3リッター直6DOHC24バルブ・ツインターボは当時の日本車のリミットである280psを発揮,"スポーツカー"としての立ち位置をアピールするかのように,それまで付されていた"グランツーリスモ"を示す"GT"の二文字は,スープラから外されました。
ダイヤペットはRZをモデル化,94年に価格1,600円で発売しました(発売月不明,入手は2月)。SVシリーズとしては最後期のモデルです。

その後,スープラは2002(平成14)年まで生産が続けられますが,スポーツカー市場の冷え込みや,排ガス対策の困難さといった理由から,その年の夏,スカイラインGT-RやRX-7らとともに姿を消しました。
スポーツカー好きには復活の望まれる一台です。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
TOYOTAのスープラですかぁ!!!
二番目にに好きな車です(笑)
新型のスープラでませんかねぇ
しかしボンネット開くミニカーはいいですね!
ちなみにゲームのグランツーリスモとかやってますか?
CALSONIC SKYLINE 03`
2010/06/19 08:11
おはようございます。
スープラ、復活して欲しいですね。それが無理なら、FRのスポーツカー、出してほしいなぁ。

XXの初代はめちゃくちゃ印象薄いですよね。
2代目のセリカが記憶に残らないですからね。


セリカはチョロQで出たんですけど、よく特売で見かけてました(悲)。
70sとむ
2010/06/19 09:07
CALSONIC SKYLINE 03`さん,こんにちは!

GT-Rは復活したし,RX-7も8という後継車に当たるモデルが出ていますからねぇ。
トヨタも復活させてほしいものですよね。

ダイヤペットは子ども向け玩具的な色合いの濃いミニカーですが,こんな開閉のギミックはやはり楽しいですよ。

グランツーリスモ・・・,う〜ん,テクニックを要するゲームは苦手なもので・・・。
グラフィックには興味有りです!
ヒデちゃん
2010/06/19 10:13
とむさん,こんにちは!

FRスポーツの復活,激しく同意です。
トヨタが出さないのですからよほど需要がないのでしょうね(笑)。
昔の2000GTのような,採算度外視,メーカーのイメージリーダーとなるようなスーパーカーなんか作ってほしいんですけどねぇ。
ヒデちゃん
2010/06/19 10:19
ヒデちゃんさん、こんにちは!

やはり「セリカXX」はスポーツカーとして見てましたから直線基調のデザインが好きになれず。

そしてスープラへ。フロントの「T」のアクセントなど顔はいいなあと思っていたんですが、サイドビューがテールまで抑揚のない並行なラインなので、もう少しお尻を厚くして力感を演出すればいいのに、と思って眺めてました。

やっとRZでそのフォルムの不満は消えましたが、今度はヘッドライトのデザイン(^_^;
ナマズ顔などとも言われ・・・カッコ悪くはないんですが好き嫌いがハッキリしてしまう顔、何だか勿体ない。

デザイン秀逸なRX-7など当時のライバル達がスゴかったですからねえ(^_^)

ADかんちゃん
2010/06/19 14:39
ADかんちゃんさん,こんにちは!
XX,スープラに対するチェック,なかなか手厳しいですねぇ(汗)。

この3台の中だと,初代スープラが一番好みでしょうか。
可もなく不可もなくという感じのデザインなんですが,XXに比べるとだいぶ洗練された印象がありました。

そのXX,リアビューは好きだったのですが,フロントマスク,せっかくリトラクタブルを採用しているのに,なんであんなに厚ぼったいのかなんて思いました。
ちょうど免許取り立ての頃で"ツインカム24"の響きには憧れましたけどね(笑)。

そしてRZ,おっしゃるようにマスクがねぇ・・・。
フォルムは文句なしにカッコイイんですけどね。
ヒデちゃん
2010/06/19 15:14
 朝だよヒデさま
 おはようございます。
 あら、今眠りに入ったのww
スープラにも友達が乗ってたよ
 よく走るって言ってたような気がするわ
 残念だわね
 今は生産されてないんですね
 でも、ミニカーはあるもの
 実物はコレクションとして集めるわけには
 いかないけれども・・・・・
 じゃぁ、また来ます。
 
さよちゅう
2010/06/21 00:52
さよちゅうさん,こんにちは!
その前の晩に日本戦のほか早朝まで3試合観ていたせいか,昨夜は早々にダウンでした。
さよちゅうさんの"おはようございます"の頃は,夢も佳境に入ったあたりかもしれなかったですね(笑)。

スープラに限らず,国産のスポーツカーは壊滅状態です。
わずかに日産がGT-RやフェアレディZで気を吐いているぐらいでしょうかね。
スポーツカー好きにはつまらない世の中なのです。
そんなこともあるので,どんどん小さなクルマの世界にのめり込んでいるってところもあるかもしれませんね(笑)。
ヒデちゃん
2010/06/21 10:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダイヤペットの世界 トヨタ編15 セリカXX,スープラ 道楽者の住処 ミニカー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる