道楽者の住処 ミニカー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ’90年代ビテスのフランス車 プジョー 106,205

<<   作成日時 : 2010/08/27 04:54   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

VITESSE PEUGEOT 106,205
ビテスのフランス車,本日はプジョー編です。ルノーのモデルは比較的多くリリースしているビテスですが,プジョーのモデルはそう多くなく,所有しているのは106と205の2車種のみです。


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

プジョー 106 XT 720.2 赤
プジョー 106 XSi 721.3 黒
 
プジョー106は,91(平成3)年に登場した90年代プジョーのエントリー・モデル。3ドアと5ドアの小さなHBボディに,1.0リッターの小排気量に始まり,後期モデルには1.6リッターDOHCも用意されるなど,様々なエンジンが組み合わされ人気モデルとなりました。
ビテス製は初期型のXT,ホット・ハッチのXSiの2タイプがリリースされています。XTが91年12月,XSiが93年1月の入手で,価格はいずれも2,600円でした。


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

プジョー 205 ターボ16 ストラダーレ 301 グレー 
プジョー 205 ターボ16 "CAMEL パリ・ダカール'87" #205
 303 黄

83(昭和58)年にデビューし,86年から日本国内への輸入が開始されると,そのヒットにより,日本では無名だったプジョーの名を一躍高める立役者となった205ですが,ビテスがモデル化したのはノーマルの205ではなく,WRC参戦のため開発されたターボ16でした。ターボ16は,1.8リッターのターボチャージャー付きエンジンをミッドシップに搭載,四輪駆動化されたスペシャルモデルで,84年に登場しています。
画像のモデルは,グレーのロードカーと,87年のパリ・ダカールラリーに参戦したキャメルカラーのラリーバージョンです。所有するビテス製の中でも古い部類に入り,ロードカーが90(平成2)年3月の入手で価格が2,200円,キャメルカラーは91年12月の入手で価格は2,800円でした。

旧ビテスがモデル化しているプジョー車,306はWRC仕様等も多くリリースされているようですが,106,205以外に,ロードカーとしてモデル化されている車種はあるのでしょうか?


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
どもです!

実は私、仏車弱いんです(汗)。キャトルや2CVやWRC関連は分かるのですが…。

205はヒットしましたね。
パリダカはバタネンがドライブしたような記憶が。

砂漠のライオンという響きがカッコよかったなぁ。

普通のGTiもなかなか良かったです。

しかし、このクルマ、車内の熱気が怖いです(笑)。
70sとむ
2010/08/27 11:37
とむさん,こんばんは!

ミニカーがあるので紹介をしているんですが,実は自分もあんまり詳しくありません(汗)。
毎日の文章作成には四苦八苦です(笑)。
でも205を筆頭に,この時代のプジョーは好きですねぇ。
反対に今のプジョーは,大口を開けて笑っているいるような表情が,いまいち好きになれないんですけどね。
ヒデちゃん
2010/08/27 21:26
プジョーは街で最も良く見かけるフランス車ですね。
私が持っている1/43ビテスは「PARTNER」のみです。
昔のプジョーはほとんどわからないのですが、こうして拝見すると、古いながらも独特の良さがありますね!
そして、やはり私はドアの開閉可能なモデルに弱いです。
yu
2010/08/27 23:10
こんばんは!

連コメすいません。
ヒデちゃんさんの「大口」、めちゃめちゃ共感しまして(笑)。

どうも保守的なデザインが好みなので、昔のクルマのほうが好きなんですよね。
カニ目の笑った顔は、キュートでいいですけど。

記事制作、頑張って下さい!
70sとむ
2010/08/27 23:48
yuさん,こんにちは。
連日コメントありがとうございます!

子どもの玩具として発達したミニカーなので,開閉のギミックは大きな武器,大人にとっても魅力ですよね。
自分もギミック付きにはワクワクする方のタイプです(笑)。
90年代前半ぐらいまでは,ボンネットやドアのが開くモデルも結構あったのですが,フォルムを崩さずに組み入れるのは結構技術がいるようですね。
で,プロポーション重視の精密ディスプレイモデルが全盛の今は,ギミック付きはあまり見なくなりました。
どちらがいいとは言えないですけど,どこも開かないというのも,ちょっぴり寂しい気もしますよね。
ヒデちゃん
2010/08/28 10:14
とむさん,こんにちは!

ご賛同ありがとうございます(爆)。
自分も今のクルマよりは,端正なフォルムの80年代,90年代のクルマに惹かれるんですねぇ。
かといって,アバンギャルドなアルファのデザインなんかも好きなので,決して保守的ってわけではないのでしょうが(笑)。

自分でも自分の好み,うまく定義づけられません(汗)。
ヒデちゃん
2010/08/28 12:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
’90年代ビテスのフランス車 プジョー 106,205 道楽者の住処 ミニカー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる