道楽者の住処 ミニカー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ’90年代ビテスの英国車 オースチン ヒーレー

<<   作成日時 : 2010/08/29 05:49   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

画像

VITESSE AUSTIN-HEALEY
以前ビテスの英国車を取り上げた際に,1台だけ残してしまったモデルがありましたので,本日はそれを。
オースチン・ヒーレーというと真っ先に頭に思い浮かぶのは通称"かに目",愛らしいライトウェイトスポーツのオースチン・ヒーレー・スプライトですが,こちらはフルサイズのオープンカー,オースチン・ヒーレー100-SIX。"ビッグ・ヒーレー"の愛称を持つ,英国を代表するスポーツカーの1台です。


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
 
オースチン ヒーレー 100-SIX 1959 L075C 黄
 ソフトトップ L075A クリーム/黒
 ハードトップ L075B 明緑/クリーム
 
オースチン・ヒーレー100のデビューは53(昭和28)年。4気筒2.66リッターエンジンの繰り出すパワーにより,時速171キロ(106マイル)の最高速を計測,"100"の名は,この時代の高性能の印である時速100マイル越えを達成したことに由来しています。
100-SIXはその100の最終型にあたり,56年にデビュー。直列6気筒2.6リッターエンジンが搭載されたことからその名が付けられました。内外装も初期型の100からは変更されています。
ビテス製,日本では94(平成6)年末から95年初めにかけてリリースされており,価格は3,000円でした。  


画像
画像
画像

オースチン ヒーレー 100-SIX 1959 L075A クリーム/黒
オースチン ヒーレー 3000MKV 1963 173.1 明青
 
100-SIXは59年,直列6気筒3リッターエンジンを搭載した3000へと進化を遂げます。外観の変更はほとんどなく,その排気量がそのまま車名となった3000ですが,ビテスは100-SIXよりもずっと以前にこの3000をモデル化しており,その金型を流用,リニューアルしてリリースしたのがビテス製の100-SIXになります。
で,両車を比較。3000の方は90(平成2)年の入手で価格は2,200円でしたが,たぶん80年代にリリースされたモデルだと思われます。ワイパーやサイドウィンドウなどのプラパーツや,ナンバーなどのデカールが付属しており,セルフで接着,貼付するようになっていました。
対して95年に入手した100-SIX。こちらはそのプラパーツが省略され,デカールは貼付済み,さらに細部への彩色も施され,完成型となってリリースされています。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オースチン・ヒーレー 3000 マークI BT7 ロードスター 1961
オースチン・ヒーレー 3000 マークI BT7 ロードスター ( Austin-Healey 3000 Mk I BT7 Roadster 1961 ) イギリスのスポーツカーブランド、オースチン・ヒーレーの3000 マークI BT7 ロードスター。 オースチン・ヒーレーは、1952年に、ブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)のオースチン部門のレナード・ロードと、著名な自動車エンジニア兼デザイナーであるドナルド・ヒーリーとの間に結ばれた合弁事業合意により誕生しました。 1972年... ...続きを見る
CAR DE SiGN
2015/05/06 19:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トラッドな ブリティッシュ
スポーツ。オースチン・ヒーレー。
いい雰囲気なんですよねぇ…。
幌を上げた造形もいいデスネ。

さて 今週はいよよ「1周年」ですね!
AZ
2010/08/29 06:32
AZさん,こんにちは!
もう50年も前のクルマなんですよね。
子どもの頃に憧れたスポーツカーの典型的なカタチです。
幌,同感です。この形状はたまらないですね。

おかげさまで,今週1周年を迎えます。
振り返ってみると,開設間もない頃に,AZさんに気持ち玉をいただいたことが,この世界のたくさんの方と繋がりを持つきっかけになりました。
ホントに感謝感謝デス!
これからもよろしくお願いします。
ヒデちゃん
2010/08/29 13:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
’90年代ビテスの英国車 オースチン ヒーレー 道楽者の住処 ミニカー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる