道楽者の住処 ミニカー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ’90年代ビテスの日本車 三菱 ランエボ,カリスマ

<<   作成日時 : 2010/09/07 05:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 8

画像

VITESSE MITSUBISHI LANCER EVOLUTION,CARISMA 
昨日に引き続き,ビテスの日本車は三菱車に登場いただきましょう。本日はランサー・エボリューションとカリスマの2車種をご覧ください。


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

三菱 ランサー GSR エボリューションW V108B 銀
三菱 ランサー エボリューションX V98104 白
三菱 ランサー エボリューションY VMC99039 青
 
92(平成4)年9月,WRC・グループAのホモロゲーションを取得するために生を受けたのがランサー・エボリューションです。発売後わずか3日で限定数の2,500台を受注するなど人気を博したランエボは,2007(平成19)年10月に登場した]まで進化を重ねました。。
Vまでのベースとなった6代目ランサーに続き,7代目をベースに96年7月にランエボ第二世代であるWが登場,その後も98年1月にX,99年1月にはYが発売されました。
ビテスは7代目ベースの第二世代,W,X,Yの3種をモデル化しています。Wは98年5月の入手で価格は2,800円。XとYは2001(平成13)年にオークションで入手したものですが,品番から98,99年頃のリリースだと思われます。
ランエボは多くのブランドがモデル化をしており,V以降]までのモデルを1/43スケールで揃えることができます。


画像
画像
画像
画像
 
三菱 カリスマ MSX 084G グレー 
カリスマは,国内では96(平成8)年10月に新発売された4ドアセダン。三菱,ボルボ,オランダ政府の三者が共同出資したオランダの合弁会社"ネッドカー"が製作したもので,輸入販売の形がとられました。
三菱開発のプラットホームに三菱,ボルボが独自の内外装やパワートレーンを搭載し,同一ラインで生産することから,ボルボS40/V40の姉妹車とも言えますが,人気の方は今ひとつ。日本車でありながら,S40/V40ほどの知名度を得ることもなく,わずか3年ほどで消えていきました。
ビテス製は97年9月の入手,価格は2,800円でした。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イクソ登場! インプレッサとランサー・エボリューション
ixo MODELS  SUBARU IMPREZA,MITSUBISHI LANCER EVOLUTION  スバル・インプレッサと三菱・ランサー・エボリューション。WRCを席巻したこの両車も,最初期のイクソからモデル化されています。 ランエボはイクソの前身であった旧ビテスもモデル化,バリエーション展開を図っていましたから,イクソからのリリースも自然の流れと考えられますが,インプレッサはイクソ起ち上げ後,いきなりのリリース。ひょっとすると,インプレッサのモデル化は旧ビテス時代か... ...続きを見る
道楽者の住処 ミニカー部屋
2010/10/06 05:54
MTECH M4 三菱 ランサー エボリューション,パジェロ
MTECH M4,MTECH HOBBY  MITSUBISHI LANCER EVOLUTION,PAJERO  "子どもが遊べて大人の鑑賞にも耐え得るクオリティ"を目指して,96(平成8)年にエポック社が起ち上げたエムテック。ですが,ミニチャンプスやエブロ,京商など,ハイクオリティの精密モデルの人気が高まる状況の中,子どもも大人もという双方の両立は非常に難しいものでした。 そこで99年,エムテックは,従来のシリーズに平行して,レジンやABSなどの様々な素材を採用し,よりコレク... ...続きを見る
道楽者の住処 ミニカー部屋
2010/10/20 04:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはよーございます(^^)/

インプレッサWRXと相互に凌ぎを削ってきたランエボは
この時代の象徴だったような気がします!
4WD+ハイパワーに取り回しの良さもあり
活躍しましたね!
おいち
2010/09/07 08:31
おいちさん,おはようございます!

ランエボとインプ,ラリーは詳しくない自分ですが,日本車の活躍には胸が躍りましたね!
インプもたくさんミニカーが出ていますので,折りをみて紹介していこうと思います。

話は変わりますが,"あし@"の動作が昨日からちょっとおかしくないですか?
自分のページは,ブログへの訪問履歴とお気に入りブロガーの更新情報が全く動いていません。
ブログ訪問歴をみて,こちらからもお伺いしておりますので,伺えていない方々も多数いらっしゃるのではと思います。
この場を借りて,お詫びいたします。
ヒデちゃん
2010/09/07 10:09
ランサーエボリューション、格好良いです!
三菱は、戦車とまでは言いませんが、とにかくがっちりしたモデルが多いですよね。
ところで、右ハンドルと左ハンドルがあるように見えますが、両方あるのでしょうか。
日本式のナンバープレートも面白いです。
yu
2010/09/07 22:55
いやぁ…ランサー「エボ」
一時代を築きましたねぇ…。
ラリーやレース…自動車の晴れ舞台
からの 大手メーカーの撤退は
やはり 寂しいものですね…。

そして「カリスマ」
90年代中〜末葉は 世界を巻き込んだ
業界再編の時代でしたものね。
三菱も いろいろと模索していたのですね。
恥ずかしながら AZ 「カリスマ」
知りませんでした…。
AZ
2010/09/08 00:03
こんばんは〜。

ランエボ、私も二台ほど持ってます。
ラリー仕様しかありませんけど…。

カリスマ、ミニカーになってたんですね!
しかも1/43。

びっくりです。

その名の通り、迷車のカリスマになってしまいました。

しかし、何乗ってるの?と聞かれた時、「カリスマ」って答えるの、何だか恥ずかしい気がしちゃいます。

この辺も販売不振の理由だったりして。

さて、いよいよ今週末。
盛り上げていきましょう!
70sとむ
2010/09/08 00:08
yuさん,こんにちは。
コメありがとうございます!
三菱ってメーカーは何となく"武骨"ってイメージがあるんですが,まさにそんな感じで武装してますよね。迫力があります!

ビテスの場合,欧州仕様と国内仕様の作り分けなど結構バリエーションが多いんです。
所有しているのは日欧混成ですけども,もしかしたらこれ以外のバージョンがあるかもしれません。
習志野ナンバーとかいわきナンバーとかちょっと渋めですね(笑)。
きっと参考写真に使われた車両がつけていたかなんかなのでしょうね。


ヒデちゃん
2010/09/08 10:15
AZさん,こんにちは!

メーカー各社のモータースポーツからの撤退は本当に寂しいですね。
今までも採算度外視的なところはあったのかもしれませんが,それを許さない経済状況なのでしょうね。
ランエボ,復活してぜひ11,12と続けて欲しいなぁ。

カリスマはホントに地味なクルマだったと記憶しています。
自分もミニカーを持っていなかったら,存在を忘れていたかもしれないです(笑)。
ヒデちゃん
2010/09/08 12:13
とむさん,こんにちは!

カリスマ,なってたんですよ。
ラリー仕様もあるらしいです。

"クルマ,何乗ってるの?""カリスマだよ!"これ,ホントに恥ずかしいですよね(笑)。
でも,仮にヒットしていたら,もしかしたらそれほどでもなかったかもしれませんよ。
冷静に考えると,日本を代表する高級車じゃなかったら,"王冠に乗ってるよ"と言うのは結構恥ずかしいかも!?
キングだったら恥ずかしいけどプリンスならOKとか,車名にして恥ずかしくない境界線って結構ありそうですよ。

ミニブロ博,これから頑張ります!
ヒデちゃん
2010/09/08 12:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
’90年代ビテスの日本車 三菱 ランエボ,カリスマ 道楽者の住処 ミニカー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる