道楽者の住処 ミニカー部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ミニチャンプスのフェラーリ 456GT,512TR,F512M

<<   作成日時 : 2011/02/18 18:14   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 1 / コメント 8

画像

MINICHAMPS FERRARI 456GT,512TR,F512M 
さて,海外ブランドのミニカー,ポルシェの次はやはりフェラーリでしょうか。
フェラーリのミニカーはお気に入りが多いだけあって,ブログ開設後間もない時期に紹介済みのものが多いのですが,当時は一度に多くのモデルを記事にしており,駆け足で紹介してしまったような気がします。そこでもう一度,お気に入りのモデルたちをゆっくりご覧いただこうと思います。
まずはミニチャンプス製のフェラーリからです。ミニチャンプスは,94(平成6)年から97年にかけて(2nd,3rdカラーは99年まで),当時現行車であった90年台のフェラーリをモデル化,F50をはじめとする6車種10タイプ(カラーバリエーションを除く)のモデルをリリースしました。


画像
画像
画像
画像

フェラーリ 456GT 1992 430 072400 赤 
ミニチャンプス製のファースト・フェラーリが,456GTです。94年1月にレッドとイエローの2種,翌月にブルーメタリックの計3種がリリースされました。自分の中では,456GT=ブルーメタのようなところがあったので,3色が同時に出ていれば,間違いなくブルーメタのモデルをチョイスしていたと思います。価格は3,500円でした。
実車の方は,70年台から80年台にかけて長きにわたり生産された,365GT4・2+2〜400シリーズに代わるFR2+2のグランツーリスモ。新規に開発された5,473ccV型12気筒エンジンを搭載して92年にデビューしました。+2のフェラーリということで,好みは分かれるところでしょうが,このスタイリング,ボクは割と好きです。なお,456GTの進化形となる456M・GTAのデザインですが,あの有名な奥山清行氏が担当しました。


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

フェラーリ 512TR 1992 430 072500 赤
フェラーリ F512M 1994 430 074122 赤
 
80年台フェラーリのフラッグシップであったテスタロッサ。その進化形として91(平成3)年に登場したのが512TRです。
"512"の"5"とは排気量の5リッターを指し,"12"は水平対向12気筒エンジンを搭載することを示し,"TR"とはテスタロッサを意味しています。デザインの大半はテスタロッサを踏襲していますが,タイヤは16インチから18インチサイズアップされ,エンジン出力も425psとなりました。
その512TRの後継,94年にデビューしたテスタロッサ系の最終モデルがF512Mです。
基本的なメカニズムはテスタロッサを継承していますが,軽量化を図るなど各部をリファイン,エンジンも440psまでパワーアップされました。外観も基本的にはテスタロッサですが,リトラクタブル・ヘッドライトが固定式丸型4灯へ変更されたことにより,印象を大きく変えています。また,テールライトも,他のフェラーリモデル同様丸型4連に変更されました。96年,後継のFRモデル,550マラネロにバトンタッチしたことにより,現在まで,水平対向12気筒エンジンを搭載した最後のミッドシップ・フェラーリとなっています。
ミニチャンプス製は,512TRが94年3月にレッド,イエロー,ブラックの3色がリリースされました。価格は3,500円。一方F512Mの方は,96年6月にシルバーとレッド,翌月にイエローがリリース,価格は3,300円でした。

過去に紹介したフェラーリ456GT,512TR,F512Mはこちら
 ディテールカーズ製 456GT 512TR F512M


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マテル ホットウィールのフェラーリ F40,F50,F512M
Hot Wheels Collectable FERRARI F40,F50,F512M  マテル社がフェラーリの独占販売権を獲得,99(平成11)年7月,"ホットウィール・コレクタブル"から1/43ダイキャストモデルが登場しました。 第一弾としてリリースされたのは,F40,F50,F512Mなどをはじめとする7車種11タイプで価格は3,800円。字面だけ見れば意欲的なシリーズ展開のように思えますが,実態は,90年代前半に製作されたディテールカーズ製フェラーリの金型を流用した,単な... ...続きを見る
道楽者の住処 ミニカー部屋
2011/02/24 13:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようです!

456GT、私も歴代4座フェラーリの中では一番良いと思うデザインです。

しかし、PMAのフェラーリは定価以上でしか見たこと無いです(笑)。

私の手持ちはixoと京商しかありません。

一度運転したいなぁ。
70sとむ
2011/02/19 08:25
PMAといえば、ポルシェしか思い浮かばない僕ですが(汗)、フェラーリ作ってたんですね。ブログを拝見して、そういえばあったと思いだしました。

フェラーリでは365GT4BB(512BB)とF40が断トツで好きなんですが、さすがにこのあたりはPMAでは無しですかね


GT-Rマニア
2011/02/19 13:46
とむさん,こんばんは!
456GTも同意見でよかった(笑)。
ホント,一度運転してみたいですね。

ミニチャンプス製はホント,プレミアがねぇ・・・。
ボクの場合は,ミニチャンプスが登場したときにはコレクションを始めていたので,普通に入手できてラッキーでしたけど(汗)。
でもフェラーリはミニチャンプスにとっては初期の作ですし,冷静にモデルを見てみれば,後発のイクソ製の方が,デキはいいかもしれないですね。
ヒデちゃん
2011/02/19 18:06
GT-Rマニアさん,こんばんは!

版権の問題があり,ミニチャンプスは97年にフェラーリモデルから撤退してしまったので,当時の現行車であった90年台のモデルしか出ていないんです。

噂によると,ヴィンテージ・フェラーリをモデル化する計画があったそうで,250GTOなどは試作モデルも存在するそうですが。
ミニチャンプス製のBBとかF40とかホント見てみたかったですね。
ヒデちゃん
2011/02/19 18:13
 真っ赤なポルシェっていいよね
 今回は楽しんじゃったわ
 運転してみたいなぁ・・・(夢でもいいからさぁ
さよちゅう
2011/02/22 13:38
こんばんは,さよちゅうさん!
赤がよく似合ってるポルシェ・・・,じゃなくって,フェラーリですよ,フェラーリ(笑)。

でもホント,運転してみたいですねぇ。
"夢でもいいから"ってのが,なんだかフェラーリにはピッタリきますよ。
これがポルシェだと,ひょっとしたら!?なんて,ちょっとだけ思ったりするんですけどね〜。
ヒデちゃん
2011/02/22 20:55
 ギャハハww
ヒデさま、なんと間違えて書いたですわ
 先日さぁ、家の近くでポルシェをみたんだぁ〜
 しかも、赤だよ赤。。。。
 オーナーらしき人はなんとおじさまでした
 それ後で記事をみたもので・・・・
 フェラーリーです。ごめんなちゃい(汗
さよちゅう
2011/02/24 14:42
さよちゅうさん,こんばんは!

なるほど,そういうわけでしたか。
ボクも赤いポルシェを駆るようなおじさまになりたいですねぇ。
ポルシェでもフェラーリでもいいから乗ってみたいです!
ヒデちゃん
2011/02/24 19:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミニチャンプスのフェラーリ 456GT,512TR,F512M 道楽者の住処 ミニカー部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる