元年入手のダイヤペット-ショップ編-

画像

DIAPET Gシリーズ 
11月,東京モーターショウを観覧した帰り,千葉市内のミニカーショップに立ち寄りました。当時,ミニカーリストを購読していた3つのショップのうちのひとつで,モデラーさんが経営する小さなお店でした。初めて入るミニカーショップの店内,様々なミニカーが並ぶ中,ダイヤペットのコーナーで視線が止まりました。昭和40年代のヴィンテージものこそありませんでしたが,ちょっと前の絶版車,オモチャ屋では見ることのできなかったモデルがずらり!値段は定価に毛が生えた程度で,女房もそばにいないとなれば,大人買いをしないわけにはいきません(笑)
この日入手したダイヤペット,2回に分けて紹介します。まずは,日産車,ミツビシ車編を。


画像
画像

G-39シルビア1800LS,G-2レパード280X 
シルビアはこの日入手した中では一番古いモデルです。実車は人気車の復活とあって期待がもたれましたが,斬新なスタイリングは受け入れられず不人気に終わったモデルでした。ミニカーの方は,そのスタイルをうまく表現しており,悪くない出来だと思います。
もう一台のレパード,こちらもミニカーの出来は悪くないと思うのですが,いかんせん色が・・・。自分の中で赤はこの車のイメージではありません。子どもの目を惹くために赤は必要色で,多くのモデルに使われるのでしょうが,これが玩具としてのダイヤペットの宿命でしょうか。白のモデルだったなら,印象は大部違うと思います。


画像
画像
画像

G-138ギャランΛ,G-139ギャランΣ,G-3コルディア 
Σは可もなく不可もなくというところでしょうか。どうでもいいのですが,ボンネット・オープンのアクションが変わっていて,説明書が入っていました。
Λは海外即販促用に三菱から大量受注が入ったため,マイナーチェンジモデルながら,金型から新規作成したモデルだそうです。そのため,裏板の車名は「ギャランΛ」ではなく,輸出車名である「SAPPORO」と刻印されています。
コルディアは,こちらも販促用にと1/28スケールの受注があったために,実車発売前にもかかわらず,製作段階で豊富な資料をメーカーから入手できたようです。ですからミニカーの出来は抜群!メーカーの力の入れ具合に反して,実車はコケましたが(笑)


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ ミニカーコレクションへ
ミニカーコレクション






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ダイヤペットの世界 三菱編3 ギャランΣ,Λ

    Excerpt: DIAPET MITSUBISHI GALANT Σ & Λ  前回のいすゞ編のあたりから,週末は"ダイヤペットの日"何となくそんな気分です。せて,三菱編の第3回はギャランの進化形,ギャランΣ,.. Weblog: 道楽者の住処 ミニカー部屋 racked: 2010-02-27 09:01