かわいい!? モデルプランニングの1/87 日産 vs トヨタ

画像

MODEL PLANNING NISSAN SKYLINE,
TOYOTA CELICA,COROLLA LEVIN
 
対決シリーズの様相を呈してきたモデルプランニングですが,今度は70年代前半の日産とトヨタです。DOHC24バルブのスカイラインに対するは,ツインカム軍団のセリカLBにカローラ・レビン。さて,軍配はどちらに挙げましょうか?


画像
画像
画像
画像

日産 スカイライン HT 2000GT-R 1973 No.25161 銀
日産 スカイライン HT 2000GT 1973 No.25153 青
 
大ヒットのハコスカの後を受け,72(昭和47)年9月にデビューした4代目"ケンメリ"スカイライン,翌73年1月にはDOHC24バルブのS20ユニットを搭載するGT-Rも復活しますが・・・。これはハコスカGT-Rの剰余分のエンジンを消化するためのモデルとも言われ,僅か197台を生産したのみで姿を消しました。DOHCモデルを失ったスカGは,次世代の"ジャパン"では,CMで"名ばかりのGTたち"とまで揶揄されました。
ミニカーの方はいずれも98(平成10)年6月の入手です。価格は品番の"25"が示すように2,500円でした。


画像
画像
画像
画像
画像
画像
 
トヨタ セリカ LB 2000GT 1973 No.25141 白
トヨタ カローラ レビン 1972 No.25071 緑
 
フォード・マスタングのヒットに倣い,70(昭和45)年12月に国産車初のスペシャリティーカーとしてデビューしたセリカ。当初のトップモデルは1600DOHC,2T-Gユニットを搭載した1600GTでしたが,73(昭和48)年4月,スタイリッシュなファストバック・クーペのLB(リフトバック)がラインナップに加わると同時に,2000DOHC,18R-Gユニットを積む2000GTも登場しました。
一方,2T-Gユニットは,カローラ/スプリンターにも移植されました。それが72(昭和47)年3月に登場したカローラ・レビンとスプリンター・トレノです。
トヨタはこれらのDOHCエンジンを"ツインカム"と称し,レビン,トレノ,セリカGT,カリーナGT,コロナGT,マークⅡGSSにそれぞれ搭載,"ツインカム軍団"とも呼べそうなラインナップを形成しました。
ミニカーの方はレビンが97(平成9)年9月,セリカLBが98年6月の入手でした。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

azusousi
2010年05月07日 14:22
こんにちは!
どれも甲乙をつけ難い名車中の名車ですよね。
モデルもすべて良いデキですが、個人的趣味でケンメリ!
自分が知らないだけなのかもしれませんが青のケンメリ・ミニカーってレーシングタイプとダイヤペット、あるいは一部の特注トミカ以外見たことないような・・(食玩等ではあるらしいですが)
美しいラインもこのサイズでこれだけ再現されていますしね♪
ヒデちゃん
2010年05月07日 15:09
azusousiさん,こんにちは!

実は,自分もブルーメタのケンメリはお気に入りです!
ケンメリというとシルバーや白のイメージが強いですが,ブルーメタもケンメリによくマッチしていますよね。
ちなみに,ブルーメタは,ブログ博の番外編でアドバンスピリットのアンチモニー製も紹介していますよ。

GT-Rはせっかくのサーフィンラインがオーバーフェンダーのために切れてしまっていますから,"名ばかりのGT"かもしれないけれどこっちの方がグッドルッキングですよね。
実車も大好きな一台です!
overture1975
2010年05月07日 23:48
ヒデちゃんさん、こんばんは

1/87ですか?!小さくてかわいいですね~
ブルメタのケンメリが気に入りました!
大きさも車種も本当に豊富ですね!
もう毎回ビックリです

こういう小さいミニカーのゆるさ好きですよ~
ヒデちゃん
2010年05月08日 07:25
overture1975さん,おはようございます!

やはりブルーメタのケンメリに目が行きますか!
これ,ホントにお気に入りなんです(嬉)。

モデルプランニングは,エブロや京商が出始めで,日本車のミニカーがまだまだ少ない時代だったので,1/43に拘らず集めていました。
今は1/43だけで手一杯ですねぇ(汗)。
ブルー
2012年04月15日 16:44
はじめまして。私は以前、モデルプランニングに勤めていました。1/87は、私の担当だったので、もしかしたら私が作ったものかもしれません。全部手作業で作ってました。それにしても値段が高い。材質はホワイトメタルです。それを「すき焼き鍋」で溶かして型に流し込んでいました。最後は夜逃げでした。

この記事へのトラックバック