ダイヤペットの世界 日産編10 シルビア1

画像

DIAPET NISSAN SILVIA 
引き続き,ダイヤペット日産車編をお送りします。本日からは日産のスペシャリティカー,シルビア。ダイヤペットは,初代のCSP311型から昭和の終わりに発売され大ヒットとなったS13型まで,歴代のシルビアをモデル化しています。
初代CSP311型のデビューは65(昭和40)年4月。フェアレディ1500(SP310)のシャシーに架装したセミハンドメイドの2シータークーペのボディは,"クリスプカット"と呼ばれ,まさに宝石の輝きを見せました。


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

日産 シルビア 137 緑金,青,赤 
ダイヤペット製のシルビアは65(昭和40)年9月に発売されました。当時の価格は380円。この年の8月に大盛屋チェリカフェニックスの金型を引き継ぎスタートしたダイヤペット。それまでのモデルはその金型を流用し発売したモデルでしたが,シルビアはチェリカフェニックス・シリーズで企画がスタートしていたものの,ダイヤペット・オリジナルとして発売された第1号モデルでした。(ちなみにダイヤペットの企画による第1号モデルはコロナ・ハードトップだとか)。ボディカラーは3色が用意されましたが,純正色は緑がかったゴールド一色のみで,ブルーメタ,レッドメタは,実車には存在しない架空のカラーとなります。
スケールは1/40となっていますが・・・。


画像
画像
画像

日産 シルビア DIAPET 137 1/40
日産 シルビア EBBRO 43615 金 1/43
 
・・・実際にはかなり小さく,1/42~1/43程度だと思われます。同じく1/40と表記されている2代目S10型と並べてみるとご覧の通り。S10型より一回り小さなボディは,同じスケールとはとても見えません。
1/43のエブロ製と比較すると,車高と全長で若干大きめながら,ほとんど変わらない大きさと言えるでしょう。
それにしても,エブロ製と並べても遜色のないフォルム。とても40年前に製作されたモデルとは思えません。改めて,当時チェリカフェニックスや初期のダイヤペットの製作に携わった職人さんの腕には,目を見張るばかりです。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

さよちゅう
2010年08月23日 18:56
ヒデさま来たわ
いつまで暑い日が続くのかしらね?
シルビアこれもありです
昭和の時代を感じさせる品ですね
わたしはまだこのあたりは生まれてないけれども
じゃぁ、またです。
ヒデちゃん
2010年08月24日 08:25
さよちゅうさん,おはようございます!

日曜日に職場のイベントがあり,一日外で仕事をしたので少々バテ気味です。
西の方はこちらより暑いのでしょうね。
お体気をつけてくださいね。

シルビア,いいでしょう。
昭和の名車,ミニカーもいいんですが,実車がまたカッコイイのです!
大学時代に,近所の中古車屋で手頃な値段で売られていたのを見たことがあります。
あの時買っていればなぁ・・・。

この記事へのトラックバック