マテル・ホットウィールのフェラーリ 348,F355

画像

Hot Wheels Collectable FERRARI 348,F355 
マテル・ホットウィールの第2回は,8気筒フェラーリをお送りしましょう。
99(平成11)年7月に登場した第一弾では,348とF355の2車種4タイプがリリースされました。


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

フェラーリ 348tb 1989 22174 赤,348ts 1989 22175 黒 
89(平成元)年に登場した8気筒フェラーリが348です。
サイドのエアインテーク部分がフィン付きのデザインとなったり,テールランプが,フェラーリ伝統の丸形4灯からルーバー越し異形タイプに変更されるなど,ボディはそれまでの308/328から大きく変更され,テスタロッサ風にデザインされました。3.4リッターV8ユニットを搭載した348には,ベルリネッタの"tb"とタルガボディの"ts"が用意され,93年にはフルオープンの"スパイダー"も追加されています。
マテル・ホットウィール製の348は,オリジナルにあたるディテールカーズ製フェラーリの中でも最も古いモデルで,93年1月にリリースされたディテールカーズ第一弾の中の一台でした。内装などはかなり凝った作りですが,当時でさえ,肝心のプロポーションは,同時期に発売されていたヘルパやバンの348と比べると見劣りするように思いました。


画像
画像
画像
画像

フェラーリ F355GTS 1994 22178 赤
F355は94(平成6)年に348に替わってデビューしました。348と比べると,テスタロッサ風の部分が,元に戻されたという感じでしょうか。ボクはこちらの方が好みです。
マテル・ホットウィール製というか,ディテールカーズ製というか・・・,F355に関しては,まずまず,うまくまとめたという印象です。単体で眺めたときには。
ただし,これをミニチャンプス製と並べてみると,少々印象が変わってきます。ミニチャンプス製と異なるのが,フロントノーズの造形。ミニチャンプス製はノーズが非常に低く,スマートなフォルムをよく再現している感じがしますが,こちらは厚ぼったく,シャープな感じがありません。若干腰高の印象を受けるのも少し残念なところです。まあ,あくまでミニチャンプスと比較しての話であって,決してデキがそれほど悪いわけではありません。
赤のGTSと同時に,黄のベルリネッタもリリースされています。

ここまでに紹介したモデルのほか,銀の456GT,デイトナは黄のスパイダー,赤のレーシングと2車種3タイプがリリースされましたが,それらは入手しませんでした。

過去に紹介したディテールカーズ製フェラーリはこちら
 348 456GT 365GT4デイトナ


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

さよちゅう
2011年03月03日 14:32
 シートが赤色になっているわ
 かっちょいいじゃん。
ヒデちゃん
2011年03月03日 21:12
さよちゅうさん,こんばんは!

ボディカラーだけじゃなくて,シートもやっぱり赤ですか!?
でも,黒のボディに赤シート,いい感じでしょ!

ボクは赤のボディとタンカラーのシートに心惹かれます!

この記事へのトラックバック

  • ヘルパ1/43フェラーリ 348

    Excerpt: herpa FERRARI 348tb,ts  ヘルパ1/43フェラーリ。本日は8気筒,2台のフェラーリ348をご覧いただきましょう。 89(平成元)年のフランクフルト・ショーで登場した348.. Weblog: 道楽者の住処 ミニカー部屋 racked: 2011-03-03 20:41