ダイヤペットの世界 日産編20 サニー 2

画像

DIAPET DATSUN SUNNY 
ダイヤペットの世界,日産編も20回目,本日はサニーの後半です。2代目から4代目までの3世代,70年代のサニーをご覧ください。


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ダットサン サニー 1200 211 オレンジ
ダットサン サニー クーペ 1200 212 赤
 
70(昭和45)年1月にデビューした2代目サニー。"プラス100ccの余裕"のキャッチフレーズで優位に立ったカローラに対して,"となりのクルマが小さく見えまあす"と1200ccになって登場しました。カローラの派生車種であるクーペ,カローラ・スプリンターに対抗するモデルとして,2ドア・クーペも同時に用意されています。
2代目は,ツーリングカーレース(TSクラス)のベース車としても大きな成功を収め,生産が中止された後も,レースフィールドで活躍を続けました。
ダイヤペットでは,セダンとクーペが同時進行で製品が進められ,品番212のクーペが71年8月,211のセダンが一月遅れて9月に発売されています。価格は両車とも500円でした。


画像
画像
画像
画像

ダットサン サニー エクセレント 1400GX G-14(01301) 紫 
2代目サニーのモデルサイクルは3年3ヶ月と短く,73(昭和48)年5月には3代目が登場しました。エンジンは1600ccまで拡大されたものの,ボディは大きく重くなり,曲線基調となったスタイリングに,デビュー以来のシンプルさやクリーンさは失われました。
ダイヤペットは,サニー初のハッチバックボディとなったエクセレント・クーペをモデル化しています。好き嫌いの分かれる独特のフォルムですが,なかなかうまく表現しているのではないでしょうか。75年5月の発売,価格は800円でした。


画像
画像
画像
画像

ダットサン サニー クーペ 1400SGX G-96(01436) 明緑
77(昭和52)年11月に登場した4代目サニー。デザイン過剰といわれた先代の反省から,再び直線基調のスタイリングとなり,サニー本来のクリーンなイメージを取り戻しました。
ダイヤペットは3代目に続きクーペをモデル化しました。大学時代には友人が愛車にしていたりして,このオーソドックスなハッチバックが個人的には結構気に入っています。78年12月の発売,価格は850円でした。


ブログランキングに参加しています。下のバナー,いずれかをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

"ダイヤペットの世界 日産編20 サニー 2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント